アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎を抱えている肌は、かゆみがもたらす掻き壊しや、様々な外的要因によって、乾燥や肥厚が多くみられます。そのような肌の状態の中にある毛穴は、皮膚に埋れるようにして点在しており、毛根部も、皮膚組織の奥に潜むようにして存在しています。
このような肌の状況下での脱毛処理は、毛根部に対して、的確な照射を必要としますが、技術的にも実績を積んだ専門家の手による施術に信頼性の高さがあります。
治療薬としてホルモン剤を使用している場合になりますと、人によっては、薬の影響によって多毛や脱毛を起こしていることがありますので、毛周期を正確に把握することの難しさも伴います。
治療を継続中の場合は、必ずかかりつけの専門医と相談しながらすすめていくことが大切です。