医療保障

クリニックやサロンで行う脱毛処理はレーザー脱毛やニードル脱毛があります。処理をする際に万全の注意を払っていても熱を使用する美容施術のため、場合によってはやけどなどの肌トラブルが起る可能性があります。その際医師の診察と対処を受けられる保障制度を脱毛における医療保障と言います。医師が常在している場合もあれば、その都度ごとに呼び出すところもあります。トラブルの際にはいかに早く処置がとれるかが大事に至らないようにするためには必要です。そのため必要な応急セットは常備してありますが症状がひどい場合には病院に移動する事もあります。どの程度の保障かはクリニックによって異なりますが、安心感があることから顧客満足度の向上にもつながります。